社長と一緒に“黒字を継続すること”を真剣に考える会計事務所

経営計画策定

  • HOME »
  • 経営計画策定
経営計画策定

決算診断と経営計画は表裏一体

経営計画は何のためにつくるのでしょうか?

銀行のため?
補助金や助成金をもらうため?

もちろんそれもあるでしょう。
しかし本来は、自社の継続発展のため、すなわち黒字を継続していくために作成するものだと考えます。

黒字を継続していくためには、正確な打ち手が必要です。
どのような手段が正確な打ち手かを判断するには、正確な現状把握が欠かせません。

毎期作成する決算書は、会社の現状を正確に語りかけてきます。
決算書を見ることは、ドラマを見るように楽しいことであり、また苦難の道程を再度辿ることでもあり、そこから会社が活動してきた様子をすべて読み取れます。
そこには、数値という客観的で正確な物差しで測定された、結果が表現されるのです。
人間に例えれば、定期的に行う健康診断のようなものです。
まずは、決算書から自社が抱えている問題点を正確に把握することから始めましょう。

黒字を継続していくためには正確な打ち手が必要だと申しました。

しかし、決算書はあくまで過去の積み重ねから導かれる正確な現状です。
もちろん、臆することなく現状を知ることは必要ですが、そこには、今後施すべき黒字を継続していくための正確な打ち手は記載されてはいないのです。

黒字を継続するためには、過去の決算書から会社の現況を正確に理解したうえで、具体的な打ち手を社長さま自身が見極め、実践していくことが必要です。

その課程を言語化することで、社長様だけではなく従業員様、主要な得意先様・仕入先様、外注先様、また金融機関等に理解していただき、一緒に黒字を継続するためのチームとするための道具が経営計画なのです。

高橋公認会計士・税理士事務所では、黒字を継続するための経営計画の作成を支援しています。

お問い合わせ電話番号 TEL 03-3504-2117 受付時間 平日10:00 - 17:00

今すぐ資金繰りを改善したい
社長さまへ

黒字継続必達会のご案内

営業せずに1年で黒字化するための6つの条件と18の打ち手とは? 黒字継続必達会について

無料小冊子

“数値”を使いこなして会社を黒字体質にする方法

詳しくはこちらへ

無料メールマガジン

黒字を継続して資金繰りの悩みから解放される

「手許に現金がなく、何もできない・・・」とお悩みの社長様に、黒字を継続して資金繰りの悩みから解放されるための経営ノウハウ・税務情報等をお届けします。


QRコード
モバイルでご覧の方はこちらのQRコードをご利用ください
黒字継続のための情報ページ:最新の情報を発信しています

Facebook Likes

PAGETOP
Copyright © 2018 高橋公認会計士・税理士事務所 All Rights Reserved.