社長と一緒に“黒字を継続すること”を真剣に考える会計事務所

個人確定申告業務

  • HOME »
  • 個人確定申告業務
個人確定申告業務

弊社では、不動産業、医業、歯科医業、IT業等、個人で事業を営んでいる方の確定申告業務を取り扱っております。個人確定申告業務の手順は以下の通りとなります。

通帳、売上管理表(請求書一覧)及び領収書の整理
個人事業主の確定申告は、業務上発生したものと家事上発生したものとが混在していることが多いため、その分別を行う必要があります。申告はあくまで業務上発生したものに限ります。
記帳、帳簿の作成
青色申告と白色申告とで作成方法は異なります。また青色でも65万控除と10万控除とで異なります。ご依頼者の方から状況をヒアリングさせていただき、最適なものを選択させていただきます。
決算書の作成
損益計算書、貸借対照表を作成します。1年間の取引を集計し作成します。確定申告書を作成する際の基礎になります。
確定申告書の作成
決算書の作成が完了しましたら次は申告書の作成です。決算書で収入金額と所得金額が決まりますが、確定申告書では、それを前提に1年間の所得税として納付すべき税金額を確定させます。この後に、源泉所得税(税金の前払い)を差し引いて、1年間の納付すべき所得税より源泉所得税が少なければ納付となり、多ければ還付となります。これら一連の計算を行います。
確定申告書の提出及び納付(還付)
確定申告書の作成が完了しましたら、申告書に添付する必要書類を揃えて税務署に提出し、納税額を納付します。申告書の提出は原則として電子申告で行います。

お問い合わせ電話番号 TEL 03-3504-2117 受付時間 平日10:00 - 17:00

今すぐ資金繰りを改善したい
社長さまへ

黒字継続必達会のご案内

営業せずに1年で黒字化するための6つの条件と18の打ち手とは? 黒字継続必達会について

無料小冊子

“数値”を使いこなして会社を黒字体質にする方法

詳しくはこちらへ

無料メールマガジン

黒字を継続して資金繰りの悩みから解放される

「手許に現金がなく、何もできない・・・」とお悩みの社長様に、黒字を継続して資金繰りの悩みから解放されるための経営ノウハウ・税務情報等をお届けします。


QRコード
モバイルでご覧の方はこちらのQRコードをご利用ください
黒字継続のための情報ページ:最新の情報を発信しています

Facebook Likes

PAGETOP
Copyright © 2018 高橋公認会計士・税理士事務所 All Rights Reserved.